■ 保育方針 ■

    決まった園舎はありません。野外を中心に活動します。

 伊川谷の森や農園をベースに、

神戸の豊かな街、森、海、すべてがわっこ。の園舎です。

自然の中で仲間と共にのびのびと過ごし、

和やかな心、健やかな体を育みます。

 

自然に子どもを託し、子どもの本来持つ力を信じて見守ります。

自然の中で得られた体験や学びは、

将来、子どもたちが自分の人生を切り拓く大きな支えになると信じ、

子どもも自然も支配せず、

信じて見守り、

寄り添うことを大切にしています。

 

人、動物、植物とつながりながら、生きていく生活力を養います。

  自然の中で過ごすだけでなく、

食べものづくり、畑、ものづくりなども

暮らしや心を豊かにするために必要な要素だと考え、

日々の活動の中で積極的に取り組んでいます。

 

地域のの人々との関わりを大切にします。

  縦割り保育をすることにより、

異年齢の子どもたちの育ちを見守ります。

また地域の人々を招いての体験活動も取り入れ、

人と人のつながり()の中での育ちを大切にしています。

 

子ども、親、保育スタッフが共に育ち合うことを大切にします。

 保育者に子どもをただ預けるだけでなく、

積極的に親も参加することで、

子どもも 大人も みんなで

共に育ち合うことを大切にしています。